高所平気症?!

昭和60年代ごろから、高層マンションで子育てをする家族が増加。 子供が高い場所が危険かどうかを判断する感覚は、4歳ごろまでに大人の約8割ほどのレベルまで発達するが、この時期を高層階で過ごす子供も多くなった。 子供は、自分の目線の高さを基準に地面との距離を把握し、「高いかどうか」を判断する。 そのため、高層階の部屋では空に近い景色は見えても地面が見えないため、高い場所が怖いと思う感覚が育ちに…

続きを読む

アフィリエイト